記事一覧

【特集】ドイツ・クリスマスマーケットめぐり

もうクリスマスネタだなんて早くない?・・・いいえ、ドイツではすでにクリスマスシーズンが近づいています!

ドイツでは11月の最後の日曜日からクリスマスシーズンで、その期間をアドヴェント(待降節)といいます。
この期間中はモミの木などでできた蝋燭に火を灯し、キリスト生誕の日を待ち望みます。
そして、各町ではクリスマスマーケットが開かれます。

ちなみにドイツ語でクリスマスはヴァイナハテン(神聖な夜)といいます。
クリスマスイブやクリスマス当日は家族や親せきと過ごします。日本でいう新年のような感じです。逆に新年にはみんな友達や恋人とはしゃぐので、日本と真逆ですね。

ほぼ一か月にもわたるクリスマスシーズン。この期間にいろいろな町を巡って、マーケットを見て回るのも楽しいです。今回は、その一部をご紹介したいと思います。

まずは有名なミュンヘンのクリスマスマーケット。
weina1.jpg
マリエン広場の市庁舎前に、大きなツリーが立ちます。

weina2.jpg
広場の周辺にはマーケットが広がります。ミュンヘンではマリエン広場以外の場所にもマーケットエリアが点在しています。

weina8.jpg
小腹が空いたら手軽に食べ物も手に入ります。定番は、しっかり焼き上げたソーセージを挟んだパン。地域によっていろいろなソーセージパンを食べることができます。


weina3.jpg
こちらはバンベルク。落ち着いた雰囲気があります。夕方あたりから人々が集まり、グリューワインを飲んでいます。これは、赤ワインにシナモンなどのスパイスを入れて温めたもの。マーケットでは、まずグリューワインを飲んで温まってから歩き回るのをおすすめします。

大抵の場合、グリューワインのコップは記念に持ち帰ることができます。コップを返却すれば2ユーロ程度帰ってきます。

weina7.jpg
こちらはドレスデン。フラウエン教会が背後に見えます。マーケットの頭上にはいろいろなデコレーションが飾られており、思わずわくわくしてしまいます。

weina5.jpg
こちらはジークマリンゲン。なぜか市庁舎の前にスケートリンクが設置され、大音量の音楽が流れています。とりあえずリンク上でくるくる回る少年たちを眺めながらピザ食べました。

weina4.jpg
こちらはアイゼナッハ・ヴァルトブルク城の大広間。実はお城の中庭にもマーケットがあったりします。そして城内にもデコレーションが施されているのです。

weina6.jpg
最後は、世界最大規模を誇るニュルンベルクのクリスマスマーケット。ここでは、旧市街のほぼ全域がマーケットになるため、本当に見応えがあります。

こうやって見ていくと、ドイツ人にとってクリスマスがいかに重要な行事かがわかると思います。一か月もクリスマス気分に浸れるなんてすばらしい。それぞれの町で特色あるマーケットが開催されているので、見て回ることをおすすめします。


にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

意外においしいへリング ニシンのマリネ

Bismarck-Brötchen
By Dr. Bernd Gross (Own work) [CC BY-SA 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

ドイツのパン屋でよくみかけるへリング(Hering)を紹介したいと思います。
へリングとはニシンのことで、パン屋ではニシンのマリネをパンに挟んで売っています。

果たしてこれはおいしいのだろうか?長い間気になっていましたが、得体のしれない食べ物にはなかなか手を出しずらい。しかし、ある時意を決して食べてみることにしました。

キオスク(これもドイツ語)でパンを買い、電車移動中にがぶり。
予想通りすっぱい。でも、ニシンがおいしい。そして、ピクルスと玉ねぎがシャキシャキとしててアクセントになっています。
マリネとドイツパンって案外相性が良いのですね。これは新発見でした。ドイツパンは結構もっさりしているので、さっぱりしたマリネと組み合わさると食べやすくなるのです。
身体にも良さそうですし、肉肉しい食べ物に疲れた時におすすめします。注意点は、手(口も?)が臭くなることでしょうか(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

【イベント告知】1日講座「ドイツ・ルネサンスの芸術と城館・宮廷文化」開講のお知らせ

毎日文化センター東京教室にて、1日講座を開かせてもらうことになりましたので、告知させていただきます。

今回のタイトルは「ドイツ・ルネサンスの芸術と城館・宮廷文化」です。

ドイツ・ルネサンスというと、デューラーやクラーナハなどの芸術家が活躍したことをご存知の方も多いかと思います。
最近になって脚光を浴びているドイツ・ルネサンスの芸術家たちは、宮廷人(要するにお金持ち)の手厚い援助に支えられてきました。
講座では、そうした宮廷人たちが住んでいたお城や、宮廷文化と芸術家との関わりについてお話させていただきます。
それによって、ドイツ・ルネサンスの芸術と建築を楽しむうえで欠かせない背景知識を提供できたら幸いです。

みなさん、どうぞ奮ってご参加ください。開催日は11月26日(土)15:00~16:30、場所は毎日文化センター東京教室(地下鉄東西線竹橋駅直通、毎日新聞社内)です。
お申し込みは、毎日文化センターHPなどからお願いいたします。
renaissance.jpg
(毎日文化センターHPより)
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村
follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

ホーエントヴィール城址 ―へガウの山頂城郭―

hegau.jpg
こんもりとそそり立つ山の上にお城らしきものが・・・。これは登れるのでしょうか?

登れます!登りました!


こちらはドイツとスイスの国境沿いにあるジンゲン(Singen)という町のへガウ山頂に建設されたホーエントヴィール城址(Hohentwiel)です。シャフハウゼンと非常に近いです。

とても険しそうな山(標高686m)なので、事前にケバブを食べて体力をつけておきました。
いざ山に近づくと、ちゃんとハイキングコースになっていて、迷わず山を登ることができました。なんだ、楽じゃないか。

このへガウ山には10世紀から城郭があったとされ、城主はころころと変わっていったようです。
16世紀になって大規模に改築され、現在に近い形となりました。この頃にはヴュルテンベルク公の主要な防御施設として使われていました。三十年戦争では5度攻められても落城しなかったほど、難攻不落ぶりを発揮しました。

この時代のホーエントヴィール城の様子は、マティアス・メリアンが描いてくれています。
800px-Hohentwiel_Ansicht_1643_Merian.jpg
By Matthäus Merian d. Ä - Topographia Suevia, Public Domain, Link

前城と本城の二つに分かれており、本城の中心にはロの字型平面の四翼式城館があります。その周りに様々な建物が並び、それらは環状壁で守られています。さらに外側は陵堡と呼ばれる、大砲に対する防御に特化したギザギザが広がっています。
庭や井戸もあり、長期にわたって籠城することも可能だったのでしょう。

しかし、この難攻不落の城郭も、1801年の戦争で破壊されてしまいました。今は廃墟のままになっています。
hegau9.jpg
こちらは本城から前城を見下ろした光景。前城の建物の壁だけがくっきり残っており、おもしろいです。

hegau4.jpg
こちらは逆に前城から本城を見上げた光景。外側の円形の建物は16世紀に増築された砲塔です。これによく似た形、どこかで見たような・・・?隣町・シャフハウゼンのムノート城も円形でしたよね。実際、16世紀にシャフハウゼンとジンゲンが頻繁に交流していたのは、年代記からも読み取れます。ムノート城はひょっとするとデューラーの『築城論』よりも、近所の建築に影響を受けたのかもしれません。

hegau5.jpg
地震が起きたら即崩れそうな廃墟ですが、切符を買って自動改札を通れば自由に見学できます。
なかには敷地内でバーベキューしている家族もいました

hegau10.jpg
地元民にとって、お城は学びの場であり、そして憩いの場なのかもしれませんね。
変に観光地化せず、自然に地元の風土に溶け込んでいる歴史的建造物を見るのも一興です。なんだかほっこりします。


にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村
follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加

ムノート城 ―デューラー神話の真偽に迫る― その2

莫大な経費と期間をかけて建設されたシャフハウゼンの要塞、ムノート城。
この円形要塞が芸術家アルブレヒト・デューラー(1471~1528年)の『築城論』(1527年)に基づいて設計された・・というデューラー神話は本当なのか、検討してみたいと思います。

『築城論』出版の経緯
デューラーはドイツで最も有名な画家ともいえますが、どうして『築城論』を書いたのでしょうか。
その理由としては、まず彼の二度にわたるイタリア渡航が挙げられるでしょう。

彼がイタリアで受けたカルチャーショックは、ドイツの画家が理論も学ばずに絵を描いているのに対し、イタリアの画家は古代の先人に学びながら、測定の理論を習得していたことです。
デューラーはこの苦い経験から、ユーグリットウィトルウィウスなどを教本として美術理論を学びました。また、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519年)の『絵画の書』やレオーネ・バティスタ・アルベルティ(1404~72年)の『絵画論三書』などにも刺激を受け、自身も体系的な絵画論の執筆を構想しました。その企画の意図は、実践を通じて得たすべての経験と知識を、工房の秘密として隠さず広めることで、技術を教養を兼ね備えた画家を養成することにありました。

「当地(イタリア)で私は紳士、国(ドイツ)へ帰れば居候」-デューラー


この言葉からもうかがえるように、彼はイタリアに比べ、ドイツでは画家の地位が低いことを嘆いていました。したがってデューラーは、ドイツで画家の万能性を示し、それを広め、画家の地位を向上させることを求めたのです

さらに、彼がイタリアに滞在した頃はまさにイタリア戦争(1494~1559年)の時期で、来るべき戦闘に備えて、要塞技術の向上が図られていました。このような状況下でデューラーは、戦争が迫る恐怖感とともに、強固な要塞の必要性を実感したのかもしれません。『築城論』は、ドイツに迫るオスマン・トルコの脅威に対抗するために、皇帝に献上する形で出版されたのです。
また一方で、彼はローレンツ・ベーハイム(1457~1521年)などと親しかったことも執筆の要因となっていると思われます。ベーハイムは、イタリアで教皇アレクサンダー六世に要塞技術者及び大砲製造の親方として仕え、サンタンジェロ城の改築にも関わった経験があるのです。デューラーはそのような友人との交流の中で、戦争や築城に関する知識を得たのは間違いありません。

『築城論』における円形要塞
『築城論』は、大きく分けて「陵堡の建設について」、「防御を固めた都の建設について」、「円形の峡谷要塞について」、「既存の都市の強化について」という四つの章から成ります。
ムノート城と似ているといわれるのは、「円形の峡谷要塞」です

munot15.jpg
(出典:Jaeggli, Alvin E.: Etliche Underricht zu befestigung der Stett, Schloss und Flecken, Zürich 1971.)

「円形の峡谷要塞」とは、おそらくデューラーの独創的な構想といえます。この要塞は山岳あるいは高い岩山と海に囲まれた隘路に建設されるもので、これによって敵兵の侵入を遮断することを目的としています。
まずAを中心として、直径400シュー(1シューは約30cm)の中庭があり、ここに井戸あるいは貯水槽が設置されます。中庭の地下にはホールがあり、そこには300の馬が収容できるそうです。中庭を取り囲むBは40の部屋に等分され、各部屋は住居、貯蔵室、台所など様々に使用されます。CとEは堀で、それぞれ深さ50シュー、幅100シューです。Dは陵堡の壁で、高さ65シュー、各所に銃眼を備えています。F、G、H、Iはカポニエールで、堀Cに侵入した敵を掃射する目的で設置されます。K、L、M、N、O、Pも同様に、堀Eを守るカポニエールです。Qは高さ150シュー、下方の直径30シュー、上方の直径20シューの円塔です。
デューラーは、この構想のヒントをカタルーニャにおける難攻不落のサルサス要塞から得たと述べていますが、彼自身はサルサス要塞を見たことがないため、このような独創的な形になったのでしょう。

ムノート城との比較
デューラーの峡谷要塞とムノート城は、比較してみると確かに似ているようにも見えます。上がデューラーの要塞、下がムノート城です。
munot17.jpg
(出典:Jaeggli)
munot14.jpg
(出典:Frauenfelder, Reinhard: Die Kunstdenkmäler des Kantons Schaffhausen, Band I, Die Stadt Schaffhausen, Basel 1951. )

しかし、研究者ハンス・ペッチュによれば、双方の形態は設計上大きな隔たりがあるといいます。まず、直径と高さの比率が異なります。デューラーの要塞は1:0.17であるのに対し、ムノート城は1:0.4で、まるで比率が異なっているのです。そして、下の階層でムノート城はカポニエールを除けばわずか2つの銃眼しかないのに対して、デューラーの要塞は多くの砲床の設置が想定されています。

ムノート城の平面図も見てみましょう。
munot16.jpg
(出典:Frauenfelder)

これをみてもわかるように、デューラーの要塞は土台も円形であるのに対し、ムノート城の土台は六角形です。

ペッチュは以上のことから、ムノート城は「全体として彼(デューラー)のコンセプトに基づいて建設された」(イェーンス説)どころか、むしろ「ここにはデューラーのアイデアは全く見当たらない」と結論付けました
確かに、ムノート城関連の史料には「デューラー」の文字は何一つでてきません。デューラー神話は根拠がない、というのは確かでしょう。
デューラーの『築城論』の構想は全体を通じてユートピア的な要素が多いため、多くの人に読まれたわりには、結局誰も実現できなかったわけです。

しかし、どこかでデューラーと繋がっていたら面白いなとは思います。ムノート城は町の要塞として建設されたものの、あまり実用向きではありませんでした。ムノート城がどちらかといえば町の防御力の象徴のような存在だったとすれば、高名なデューラーの要塞をイメージとして引用したということもあり得なくはないのでは・・・といろいろ考えてしまいます。ですが、今となってはわからないことです。
ムノート城 その1へ戻る

ちなみに『築城論』は、デューラー研究で有名な下村先生が翻訳されております。
下村耕史、『アルブレヒト・デューラー 「築城論」注解』、中央公論美術出版

follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

【活動報告】ヨーロッパのお城と物語-お城のイメージはいかにして作られたか?-

sig1.jpg
ジークマリンゲン城

本日、毎日文化センター東京教室で一日講座「ヨーロッパのお城と物語-お城のイメージはいかにして作られたか?-」が開催されました。ご参加された皆様に厚くお礼申し上げます。

講座では、私たちにとって身近な「お城のイメージ」がどのようなもので、そのようなイメージはどのような形で伝播したのかを、小説・伝記・絵画などあらゆる角度から紹介していきました。そして、現実の建築との違いを明らかにしていきました。

講座後の打ち上げでは、ヨーロッパのお城について話が尽きないといった状況でした。とても熱心なお城ファンがいることを確認できて、私としてもすごく嬉しかったです。ヨーロッパのお城協会でも立ち上げてみては?というような話題もありました。やってみたら面白いかもしれませんね。
また、かつてヨーロッパのお城について本を沢山書いておられた故井上宗和先生に影響を受けたファンも結構いることがわかりました。こうした書き手は現在ほとんどいなくなっているので、なんとか私が継承して発展させていきたいと、改めて思いました。

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

つれづれ in Tokyo

tokyo.jpg
こんにちは、Umeです。
今回は、雑多な話題です。

-----

海外で邦人留学生が殺害された事件が話題になっていますが、こういうニュースが出ると心が痛みます。
というのも、海外のことを紹介して、旅行や留学を勧めている立場なもんですから・・・。
果たして、海外の良いところばかり紹介していて良いのだろうか?という気持ちに苛まれます。

私はそもそも学問的興味が留学の目的だったので、ドイツでお友達を作りたいという気はありませんでした。外人苦手ですし。ですが、実際現地にいってみて、やはり現地人との交流は楽しかったし、助けられたし、学ぶことも多かったです。

意識しなければならないのは、付き合う相手をしっかり選ぶということでしょう。海外で道行く人に親切心を発揮してはなりません。基本的に警戒してください。相手が信頼できる人かどうかよく見極めたうえで、仲良くすればいいのです。
旅行中は常に周りをよくみること、迷わず迅速に行動することが大事だと思っています。何かに夢中になっていたり、困ったそぶりをしてしまうと、つけこまれる恐れがあるからです。

-----

今年は東京で、自称・西洋城郭研究家として活動できたのがとても楽しかったです。
長年自分が取り組んできたことで社会に貢献できるんだ、という実感が持てたときが一番うれしいのです。
あまり開拓されていない分野ですから、敷かれたレールがない一方、むしろ自分で自分の活躍の場をつくっていくことができるのが面白いところでしょう。
自分の研究を応援してくださっている方々に支えられています。ありがとうございます。

ただ、アウトプットの機会が得られることは喜ばしい反面、インプットの機会(現地調査含む)が減っているのも悩みどころです。もっと力をつけないと・・・という焦りもあります。調べたいこと、行きたいお城はまだまだ山ほどあるのです。そして、今の生活をいつまでも続けられないという焦りもあります。今後どう進むべきかは、常日頃模索しているところです。一歩一歩前進していけたらと思います。

-----

10月15日から、東京の国立西洋美術館で「クラーナハ展」が開催されます。
クラーナハは16世紀ドイツの宮廷画家です。私の関心領域にも近いため、今回は展覧会カタログの翻訳と編集補助に関わらせてもらいました。ぜひ、展覧会にお越しの際はカタログをのぞいてみてください。
展覧会の詳細はこちら

-----

毎日文化センター東京教室で10月8日に開催予定の一日講座「ヨーロッパのお城と物語 -お城のイメージはいかにして作られたか-」は絶賛受講者募集中です(締め切り迫る!)。毎日文化センターより直接受講申し込みをお願いいたします。詳細はこちら。講座の後は交流をかねてランチ会も予定しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ムノート城 ―デューラー神話の真偽に迫る― その1

スイス・シャフハウゼンムノート城(Festung Munot)は、16世紀後半に建設された、町を守るための要塞施設です。要塞(Festung)とは城郭や城館とは異なり、支配者の長期の居住を想定していない純粋な軍事施設で、火砲に対する防御・火砲を用いた防御が想定されたものを指します。

ムノート城は、19世紀の軍事史家マックス・イェーンスによって、以下のような評価を与えられました。

「全体として彼(デューラー)のコンセプトに基づいて建設されたものとして、おそらくたった一つの要塞が存在する。すなわちそれは旧帝国都市シャフハウゼンのムノート城である」
―Jähns, Max: Handbuch einer Geschichte des Kriegswesens von der Urzeit bis zur Renaissance, Leipzig 1880, S. 1187.


アルブレヒト・デューラーは、ドイツで最も有名な画家ともいえる人物。彼は1527年に『築城論』なる書物を残しており、そこに示された要塞建築の理論が、ムノート城に集約されているというのです。

イェーンスのこの言説が発表されて以後、多くの城郭研究者たちはそれを検証もなしにそのまま引用してきました。
その結果、「ムノート城はデューラーが設計した」というイメージが定着してしまったのです。

デューラーはとても偉大な芸術家ですから、シャフハウゼンにとってはこの上ない町のアピールポイントでしょう。
しかし、このデューラー神話って本当なの?近年になってようやく詳しい検証がなされるようになりました。

今回はその検証の内容に入るまえに、ムノート城の特徴と歴史をまず紹介したいと思います。

ムノート城の建築的特徴
munot1.jpg
ムノート城は、主要部分を成す大きな円形状の建物に、円塔が連なった簡素な形態をしています。

円形状の建物は直径約50m、高さ約20mで、石灰岩を砕いて作られた角石によって構築されています。
北側は都市の外側に面しており、最も攻撃を受けやすい部分ですが、ここは深さ8.5m、幅22.6mの堀で守られています。
munot8.jpg
現在、堀の中では鹿のような生き物が放し飼いにされています。緊張感ないな。

munot9.jpg
堀の中を防御するために、カポニエールもついています。カポニエールとは、堀の中で防衛射撃を行うために取り付けられた小型の防御施設。そのため、小口径砲用の穴が開いています。手作業で仕上げられたなめらかな円蓋部には、硝煙の吐口となる小さな穴が多数開いています。

munot10.jpg
さらに、堀の中にはこのような顔型銃眼までついています。一か所だけこうなっているのは、遊び心からでしょうか。
顔型銃眼は同時代の防御施設にしばしば見られ、流行りでもありました(ノイダーン城、アウクスブルクの市壁など)。

munot11.jpg
内部はこのように、シェルター状になっています。壁は非常に厚く、さらに重厚な9つの円柱が立っており、大砲の衝撃にも耐えうるようできています。天井には4か所に円形の穴があり、室内に光を供給しています。

munot12.jpg
屋上はこうなっています。イベントやる気まんまんですね。
屋上には塔への入り口があります。この塔は高さ約40m、直径約10mで、中世城郭の主塔とほぼ同じような形式です。
基本円形平面ですが、上層部だけ正八角形になっており、赤白のハーフティンバーが組まれています。この部分の内部は居住可能な空間になっており、歴代の監視役が住み込んでいました(今でもだれかいる模様)。

munot13.jpg
屋上からはシャフハウゼンの町と、ライン川を一望することができます。

その他、ムノート城からは防御回廊が二本伸びており、それが町と直接連結しています。町の住民がすぐに逃げ込めるようになっています。

ムノート城建設までの道のり
ムノート城の原型は、中世中期から存在しました。史料の初出は1379年のこと。町の見張り塔として使用されました。
簡素な塔にすぎなかったムノート城を、要塞に改築する計画が持ち上がったのは、1550年のことでした。
いろいろもめて、シャフハウゼン市参事会によってこの計画が承認されたのは1563年でした。莫大な費用を投じて町の要塞を建てる必要があるのか、議論になったのでしょう。

ムノート城の建設は参事会によって指名された委員会が先導しました。1563年の12月にムノートに労働者が集まり、石材も運ばれました。1564年3月には円形の主要部分の定礎式が行われ、外側が完成したのが1577年でした。その間に古い塔が取り壊され、1571年には新しい塔の建設も始められました。そしてそれは三年後に仕上がりました。

1579年には主要部分の内部における柱がたてられました。1585年には3つのカポニエールが取り付けられ、1589年には塔の上に新しい鐘が付けられました。これによってムノート城はほぼ現在の形となりました。

この20年以上の長期にわたる建設工事に従事したのは、シャフハウゼン市民や隷農、シャフハウゼン管轄区内の村落民からなる賦役労働者と、ある程度の熟練技術を有する町の職人たちでした。
賦役労働の対価はささやかな食べ物と飲み物でした。伝承では、賦役労働者の多くは無産市民だったといいます。ひょっとすると、ムノート城の建設は、失業者を救済するための公共事業の側面もあったのかもしれません
一方で、職人たちにはよりよい日当が支給されましたが、彼らはしばしば賃上げを市参事会に要求していたようです。

町の防衛拠点を建設するわりに、労働者はずいぶんのんきだったようです。
しかし、建設費は全体でおよそ47332グルテンかかったとされ、同時代にアラーハイリゲン修道院の増築に2900グルテンしかかかっていないのを考慮すると、相当な額だったことがわかります。

ムノート城はシャフハウゼンにとって一体何なのか、ますます謎が深まります。そしてデューラーとの関係性は本当にあったのでしょうか?詳しくは、次回へ。
ムノート城 その2へ進む

follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

Ume

Author:Ume
ドイツのお城を専門に研究している珍しい人。著者についてはこちらもご覧ください。Facebookページはこちら(ブログ更新情報をお届け)。講演・執筆依頼など、メールフォームやコメント欄から気軽にご相談ください。
ブログのロゴが付いた写真は筆者自らが撮影したものです。無断転載・加工はご遠慮ください。

更新情報・リンク

follow us in feedly

Amazon.co.jp(アマゾン)
格安!!ヨーロッパのホテル予約
ドイツのお土産
★ぶっちぎり宅建ライブ開講★ 名物講師の白熱講義を!
国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

このページのトップへ