FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ語はおもしろい。

zeitlos.jpg
↑言葉も体格も力強いイメージのあるドイツ。でも実際はかわいいもので溢れている。バンベルクにて


ちょっとした息抜き記事です。

私はこれまで英語、ドイツ語、フランス語、古典ラテン語を勉強しましたが、結局一番気に入ったのはドイツ語でした。
なぜだろうか?・・それは自分の耳に心地よいからかもしれません。

ドイツ語の力強さと、ちょっとおかしなところが特に私の耳を楽しませてくれます。
例えば・・・

Miso-suppe(ミソズッペ):みそ汁
スープの事をズッペといいますが、すする感じがうまく表現されていて良いと思います。

Deutsch(ドイチュ):ドイツ語
これは有名ですね。

der Bus(ブス):バス
ちなみにマイクロバスはKleinbus(クラインブス)、バス旅行はBusreise(ブスライゼ)、トロリーバスはObus(オブス)。

Ach so!(アッハゾー):あっそう!
そのまんま。

nanu(ナヌー):なぬぅ?
そのまんま。

gehen/ging/gegangen(ゲーエン/ギング/ゲガンゲン):英語でいうgo/went/gone
この発音を初めて聞いた時、「そうきたか、やるなドイツ語」と思いました。

puppen(プッペン):おならをする
かわいいおなら。ちなみに名詞はder Pup(プップ)

der Hunger(フンガー):空腹
ドイツで空腹に襲われたら、取りあえずフンガー!と叫べばなんとかなりそうです。

die Doppelstaatlichkeit(ドッペルシュタートリッヒカイト):二重国家制
日本語もそうですが、ドイツ語は名詞が連結して一つの単語を形成することがあります。なのでものすごく長い単語が出来上がります。これは歴史学用語ですが、発音が格好良いのでお気に入りです。

語学学習はとても大変ですが、こういうささやかな面白さを発見していくことで続けられるのかもしれません。
近年はドイツ語の人気が落ちてしまいましたが、なんとか盛り上げていこうと思います!ドイツで蓄積された歴史と文化・芸術は計り知れないものです。ドイツ語を学習することで、これらを紐解くことのできる大きな教養を得られるでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

プロフィール

Ume

Author:Ume
ドイツのお城を専門に研究している珍しい人。著者についてはこちらもご覧ください。Facebookページはこちら(ブログ更新情報をお届け)。講演・執筆依頼など、メールフォームやコメント欄から気軽にご相談ください。
ブログのロゴが付いた写真は筆者自らが撮影したものです。無断転載・加工はご遠慮ください。

更新情報・リンク

follow us in feedly

Amazon.co.jp(アマゾン)
格安!!ヨーロッパのホテル予約
ドイツのお土産
★ぶっちぎり宅建ライブ開講★ 名物講師の白熱講義を!
国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。