記事一覧

ドイツ語圏だけで三万箇所?!お城を検索してみよう

koudou.jpg
↑私の城郭探索計画(2011年)。城跡も含めると本当にたくさん見るべきものがあります

ヨーロッパ全域にちらばる無数の城。
すべてを把握することは不可能ですが、どこに何があるか、調べることができます。

これに関連して、私の以下のツイートが思いのほか反響ありました(なぜか400イイね超えました)。


このサイト(Alle Burgen)では、お城の基本情報と図版が記載されており、地域ごとに分類されています。
また、お城を描いた歴史的な図版も城ごとにまとめられていたりもします。

改めてドイツ人やるなぁと思いました。とにかく学術的なデータバンクを構築することに関しては長けています。
ドイツではこういうプロジェクトが、学問分野や所属機関をまたいで組織され、有給で研究者が雇われています。
日本でももっとこういうことすればいいのにと思いますが、とりわけ人文系では学問分野ごとに人材が分断され、お互いの交流が進んでいません。予算もないですし。
問題が山積みですね。。

------
ところで、ブログをリニューアルしました!
トップページから記事全文が読めるようになりました(コメント欄は個別記事にアクセスしないとでませんが)。
私としてもこの構造のほうがちょっとした雑談記事も投稿しやすくなる気がしまして。
【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ロンネブルク城 その1 ―中世とルネサンスの混濁―

城郭の時代を中世(1500年以前)とする見方は広く定着していますが、実際は、そんなこともありません。
16世紀以降も中世城郭が、新しい建築様式を伴って生き続けたのです。
そうした例は枚挙にいとまがありませんが、今回はロンネブルク城を取り上げましょう。
ronne8.jpg

マインツ大司教が13世紀頃に、シュペサルト地域とゲルンホイザー地域へ進出する足掛かりとして建設したと考えられています。

フランクフルトからローカル電車に乗って、ハーナウからバスに乗り継いでいきました。
ronnemap.jpg

ロンネブルク城のおひざもとまでやってきました。
馬糞のにおいがする、のどかな町でした。

・・・・あれ、民家の庭にお馬さんがいるぞ。
ronne2.jpg

不思議なこともあるもんだと思いつつ、お城を目指して山を登りました。

・・・・あれ、お城があちらにある。違う山を登ってしまった!
ronne3.jpg

泣く泣く下山して、また登りました。お城にたどり着いた時にはもう脚が棒。
ですが、日本人がなかなか行けないお城をまわるのが楽しいのです。開拓者精神です。
ronne4.jpg

門をくぐると、受付があります。受付で何ユーロか支払うと、あとは自由に城の中を見学できます。

防御回廊。壁の内側で守備兵が自由に行き来するための廊下で、このあたりは中世っぽいですね。
ronne5.jpg

中庭には14世紀からある主塔が立っています。四方向に窓が付いている様は独特ですが、塔の横の出窓も独特です。
明らかに塔の壁よりも新しいつくりです。そう、出窓が流行したのは16世紀。ルネサンスの時代の建物が、中世の建物と一体化しているのです
ronne6.jpg

主塔を登ってみると、周辺の田園風景を一望できます。これは支配者の特権ですわ。
ronne7.jpg

次回は、内部の様子もお伝えしたいと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

Ume

Author:Ume
ドイツのお城を専門に研究している珍しい人。著者についてはこちらもご覧ください。Facebookページはこちら(ブログ更新情報をお届け)。講演・執筆依頼など、メールフォームやコメント欄から気軽にご相談ください。
ブログのロゴが付いた写真は筆者自らが撮影したものです。無断転載・加工はご遠慮ください。

更新情報・リンク

follow us in feedly

Amazon.co.jp(アマゾン)
格安!!ヨーロッパのホテル予約
ドイツのお土産
★ぶっちぎり宅建ライブ開講★ 名物講師の白熱講義を!
国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

このページのトップへ