記事一覧

【特集】ドイツ・クリスマスマーケットめぐり

もうクリスマスネタだなんて早くない?・・・いいえ、ドイツではすでにクリスマスシーズンが近づいています!

ドイツでは11月の最後の日曜日からクリスマスシーズンで、その期間をアドヴェント(待降節)といいます。
この期間中はモミの木などでできた蝋燭に火を灯し、キリスト生誕の日を待ち望みます。
そして、各町ではクリスマスマーケットが開かれます。

ちなみにドイツ語でクリスマスはヴァイナハテン(神聖な夜)といいます。
クリスマスイブやクリスマス当日は家族や親せきと過ごします。日本でいう新年のような感じです。逆に新年にはみんな友達や恋人とはしゃぐので、日本と真逆ですね。

ほぼ一か月にもわたるクリスマスシーズン。この期間にいろいろな町を巡って、マーケットを見て回るのも楽しいです。今回は、その一部をご紹介したいと思います。

まずは有名なミュンヘンのクリスマスマーケット。
weina1.jpg
マリエン広場の市庁舎前に、大きなツリーが立ちます。

weina2.jpg
広場の周辺にはマーケットが広がります。ミュンヘンではマリエン広場以外の場所にもマーケットエリアが点在しています。

weina8.jpg
小腹が空いたら手軽に食べ物も手に入ります。定番は、しっかり焼き上げたソーセージを挟んだパン。地域によっていろいろなソーセージパンを食べることができます。


weina3.jpg
こちらはバンベルク。落ち着いた雰囲気があります。夕方あたりから人々が集まり、グリューワインを飲んでいます。これは、赤ワインにシナモンなどのスパイスを入れて温めたもの。マーケットでは、まずグリューワインを飲んで温まってから歩き回るのをおすすめします。

大抵の場合、グリューワインのコップは記念に持ち帰ることができます。コップを返却すれば2ユーロ程度帰ってきます。

weina7.jpg
こちらはドレスデン。フラウエン教会が背後に見えます。マーケットの頭上にはいろいろなデコレーションが飾られており、思わずわくわくしてしまいます。

weina5.jpg
こちらはジークマリンゲン。なぜか市庁舎の前にスケートリンクが設置され、大音量の音楽が流れています。とりあえずリンク上でくるくる回る少年たちを眺めながらピザ食べました。

weina4.jpg
こちらはアイゼナッハ・ヴァルトブルク城の大広間。実はお城の中庭にもマーケットがあったりします。そして城内にもデコレーションが施されているのです。

weina6.jpg
最後は、世界最大規模を誇るニュルンベルクのクリスマスマーケット。ここでは、旧市街のほぼ全域がマーケットになるため、本当に見応えがあります。

こうやって見ていくと、ドイツ人にとってクリスマスがいかに重要な行事かがわかると思います。一か月もクリスマス気分に浸れるなんてすばらしい。それぞれの町で特色あるマーケットが開催されているので、見て回ることをおすすめします。


にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ume

Author:Ume
ドイツのお城を専門に研究している珍しい人。著者についてはこちらもご覧ください。Facebookページはこちら(ブログ更新情報をお届け)。講演・執筆依頼など、メールフォームやコメント欄から気軽にご相談ください。
ブログのロゴが付いた写真は筆者自らが撮影したものです。無断転載・加工はご遠慮ください。

更新情報・リンク

follow us in feedly

Amazon.co.jp(アマゾン)
格安!!ヨーロッパのホテル予約
ドイツのお土産
★ぶっちぎり宅建ライブ開講★ 名物講師の白熱講義を!
国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

このページのトップへ