FC2ブログ

記事一覧

フランケンの結婚式料理

ドイツ・バイエルン州の北側に位置するフランケン地方。温暖な気候と豊かな自然に包まれたこの地方にはおいしいものがいっぱいです。
ビールもうまいしワインもうまい。そして、郷土料理もなかなか独特です。

今回は、その中でも印象的だったフランケンの結婚式料理(Fränkische Hochzeitsessen)をご紹介します。
hochzeit1.jpg
平たくてもちもちした手打ちの極太パスタにパン粉のようなものがかかっています。これにやわらかい牛肉が付いており、西洋わさびがかかっています。牛肉はクリームソースに浸かっています。さらにクランベリージャムまで添えられています。

パスタと牛肉の組み合わせは絶妙でした。西洋わさびは辛くないですが、とても良いアクセントになっています。
おいしいフランケンワインと一緒に食したい一品です(ビールを頼んだのは失敗であった)。
ただ、ジャムはこの中にはいらないかなあというのが個人的な感想^^;

ところでこの「フランケンの結婚式料理」という名称は気になりますよね。
調べてみてもこれといった情報がでてきません。実際に結婚式のメインディッシュとして食べられているという説明しか得られませんでした。

一方、「フランケンの結婚式スープ」(Fränkische Hochzeitssuppe)という料理はイタリア料理の名称が誤訳されて伝わったものだといわれています。イタリア語のMinestra maritata(結婚スープ)は、結婚式で食べられるものを指すのではなく、肉と野菜が混ざったスープを指すのだとか。
「結婚式料理」の方も、これに関連している可能性が無きにしも非ず?

ちなみに、この結婚式料理はヴュルツブルクで食しました。
hochzeit2.jpg
川沿いのテラス席で、橋とマリエンベルク城を眺めながらの食事は、とても贅沢な時間でした。


にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
follow us in feedlyこのエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

コメント

結婚式料理~!

こんにちは!私もヴュルツブルクの別のレストランでHochzeitsessenを頂きましたよ(川沿いのレストラン、いいですねえ!)。たっぷりのホワイトソースに浸かった厚手のお肉(柔らかい)にベリーソースが一部上に乗っていて、別皿で平たいパスタが付いていました。どこの国でも赤と白でめでたいのかなとか、辛みの効いたソース(大量)とほんのり甘いソース(少量)が”結婚生活”っぽいのかな(笑)とか色々勝手に想像しながら楽しみました。
確かにクランベリーはマッチはしていませんでしたねえ。肉の量が多かったので口休めにはなりましたが。
勿論、飲んだのはワインです(笑)

Re: 結婚式料理~!

F.H.さま

どうもこんにちは!なんと、食べたことがあるのですね。辛みと甘みが結婚生活っぽいとは、独身の私には想像がつかなかったのですが、面白い発想ですね!この料理の場合、名前の由来がはっきりしない方が楽しいかもしれませんね。
やはりジャムはザワークラウトのような感覚で付けてあるのでしょうか。それにしても独特ですよね。
ここでフランケンワインを飲んでおけばよかったと、今でも後悔しています(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ume

Author:Ume
ドイツのお城を専門に研究している珍しい人。著者についてはこちらもご覧ください。Facebookページはこちら、ツイッターはこちら(ブログ更新情報をお届け)。講演・執筆依頼など、メールフォームやコメント欄から気軽にご相談ください。
ブログのロゴが付いた写真は筆者自らが撮影したものです。無断転載・加工はご遠慮ください。

更新情報・リンク




Amazon.co.jp(アマゾン)
格安!!ヨーロッパのホテル予約
ドイツのお土産
★ぶっちぎり宅建ライブ開講★ 名物講師の白熱講義を!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

このページのトップへ